災害に強く、サービスエリアは全国。
いつでも、どこでも、関係者全員が一斉に情報を共有できる。
これが業務用の最新型デジタルMCA無線通信システムの強みです。

危機管理担当者の皆様 自治体防災担当の皆様

message_20160421.gif
 災害に強い高信頼のデジタルMCA 無線 mcAccess e は、法人向けの業務用無線で唯一、北海道から沖縄までのワイドなエリアを実現。地域密着の企業だけでなく全国展開の企業にも、ビジネスの効率化に貢献します。自治体の防災無線や企業の危機管理・BCP用通信システムも、低コストで構築できます。

移動無線センターが、非常用発電機を備えた堅牢な中継局を全国で運用し、自動的に空きチャンネルを割当てて、混信の無いクリアな音質の通信を提供します。



上のロゴをクリックすると、パンフレット(PDF)が表示されます NEW


◆災害に強いMCA無線にIP無線機能(ドコモのLTE+3G)をプラスして、エリアを
 大幅拡大!
 
◆月額料金はそのまま。車載端末に基板を入れるだけ!
 ⇒本年3月29日からトライアルサービスを開始、6月末から本格サービスが
  開始予定です

業種別活用事例

様々な業種に合った活用法と事例

貨物運送・集配

トラックはもちろん、バイク便も

公共交通機関

バス、タクシー、鉄道など

製造・販売・サービス

製造、食品、警備、産廃など

医療・福祉・教育

病院、透析センター、介護、大学、幼稚園など

公共サービス

通信、金融、上下水道、ガス、清掃など

消防・防災

防災無線(同報系、移動系)

海上船舶利用

フェリー、タグボート、遊覧船、釣り船など

企業等の危機管理

災害対策、危機管理、BCP

Pick Up! User Report

KDDI(株)様

 

様々な被災に対応できる幅広い通信ツールの拡充を目指し、指示伝達やデータ通信に優れたデジタルMCA無線を導入

KDDI(株)様

広報誌・パンフレット/各種資料ダウンロード

映像で見るmcAccess e

自治体様向けビデオ配信中
映像で見るデジタルMCA無線
VTR配信中!こんなときmcAccess e 高画質11.5MB 中画質3.3MB 高画質13.1MB 中画質4.7MB

Windows Media Playerダウンロードはコチラ RealPlayerダウンロードはコチラ

ビデオをご覧になるにはWindowsMedia Player7以上、RealPlayerOneなどWMVが 再生可能なプレイヤーが必要です。これらは右のボタンのリンク先から入手できます。

mcAccess e通話音声サンプル

デジタルMCAの機能と特徴

MCA中継局イメージ.jpg

携帯電話と比べて こんなに安心


◆災害時も混雑のない安定した通信
◆グループ通信で全員が瞬時に情報共有
◆車の運転中に通信可能(道交法対応)
◆災害時も混雑の無い安定した通信
 携帯電話の基地局は、東日本大震災で最大で2万9千局が停止しました。詳細はこちら
new004_02.gif

他の業務用無線と比べて こんなに便利


◆業界初!全国の端末と通信が可能
◆秘話性が高く業務情報や個人情報の保護も万全
◆多彩なアプリケーション
 GPSでの車両動態管理、電話回線との接続など

A 災害に強い「信頼の実績」mcAccess e

 阪神淡路大震災、新潟中越大震災、岩手・宮城内陸地震などの大規模災害でも通信を継続しました。 低コストの市町村防災用無線として、消防庁からも活用を推奨されています。
 さらに、企業の災害対策、危機管理やBCPへの活用も急速に広がっています。
非常用発電機

  • 中継局は発電機で長時間の停電にも万全
  • 夜間・休日の災害、オフィスの倒壊でも、責任者の車や自宅が臨時の指令局に
  • 大規模災害時には、全国からの応援車両とも通信・連携が可能

B グループ通信で瞬時に情報伝達

グループ通信イメージ図
グループ通信で全員に瞬時に連絡。渋滞情報から災害時の緊急連絡まで、情報伝達の速度が違います。
 生コン、新聞配送など時間に厳しい業務や災害時の危機管理に不可欠な機能です。
 全員が情報を共有することで、メンバーの自律的な判断が可能になります。

C 全国カバーの広い通信エリア

高速デジタル回線を使い、業務用無線として唯一、日本全国の車や支社とも通信できる超広域のワイドなサービスを実現しました。全国展開のビジネス、危機管理に便利です。

D 運転中でも緊急連絡(道交法規制対象外)

携帯電話と違い、道路交通法の規制対象外ですので、運転中でも緊急の連絡ができます。

E 多彩なアプリケーション(GPSなど)

GPS車両動態管理で輸送や配車を効率化
PBX接続で内線・外線電話に連絡
同報型コミュニティ無線で避難情報を周知
静止画伝送で被害状況をビジュアルに伝達     など

F 経済的な定額制料金

自前で中継局を作る必要もありませんので、初期投資を小さくできます。 月額固定の定額制で、通話料を気にする必要がありません。

G メッセージで確実な情報伝達

ドライバーが不在でも、音声メッセージや定型文字メッセージを残せます。受信側も、重要な情報をワンタッチで録音してあとで再確認できます。

H クリアな音質と秘話性

専用の音声デジタル化装置でクリアな音質と高い秘話性。個人情報・営業情報も安心です。


災害に強いMCAシステム

様々な災害(岩手・宮城内陸地震の例PDF1MB)で信頼性が実証。消防庁も防災無線への利用を推奨されています(消防庁の文書PDF)。公益事業や金融・ビル管理など企業の危機管理(BCP)にも広がっています。

【低コストで防災無線】

財源にお悩みの自治体様も低コストで移動系+同報系の防災無線を実現できます。初期投資が少なく予算に合わせた段階的な導入も自由です。

  • 防災無線のデジタル化
  • 避難所(学校、公民館)、病院等との連絡
  • J-ALERTへの対応など
福岡県消防防災安全課 大曲様講演
(PRESS PDF1.4MB)

ふくおかコミュニティ無線ホームページ

   福岡県直方市の事例

   大阪府泉南市の事例

【優先接続、電波利用料】

市町村の災害対策用無線局は、優先接続及び電波利用料減免(半額)の対象となります。

【電波法第103条の2第7項】災害対策基本法(略)地域防災計画の定めるところに従い防災上必要な通信を行うことを目的とするもの

道路交通法改正 運転中の携帯電話の使用は違法です。

工事・障害情報

2016-5-25
【工事情報】mcAccess e 中継局回線のイーサネット化作業の日程について
国外からの異常伝搬による、九州北部を中心とする干渉波の発生状況については、九州センターの点検・工事・障害情報をご覧ください。