本文へスキップします。

サイト内検索 検索
【全】ヘッダーリンク
【全・SP】お問い合わせ
H1

非常時の連絡手段

コンテンツ

非常時の連絡手段

災害時の通信の確保はできていますか?

宮城県庁災害対策本部非常災害時に連絡手段である通信が途絶すると、大きな混乱を招きます。もしものときに備え通信手段を確保することはとても重要なことです。

東日本大震災以降、災害に対する備えを見直し万全に整備した自治体、企業は多くあります。しかし、一方で、まだ本気になれていない現状があります。担当者だけがやらなくてはいけないと一生懸命になりながらもトップが理解してくれない、また担当者が変わり危機管理の意識が継承されていないことなどが見受けられ、その格差が震災後は特に大きくなっている傾向にあります。

※写真提供 東日本大震災文庫(宮城県)日本赤十字社宮城県支部



自治体・企業の災害対応の現状

大規模な災害が起こったとき、自治体や消防などの防災機関においては、建物の倒壊、道路や鉄道の寸断、ライフラインの維持、火災の発生、避難所での物資不足、人手の確保など、さまざまな問題への対応が求められます。企業もまた、社員の安全確保とすみやかな事業の再開を図らなければなりません。
自治体や企業は、非常災害時に備え必要な連絡手段を確保する必要があります。特に、東日本大震災以降は、多くの自治体や企業で災害発生時の初動対応から速やかな復旧をするため、非常時の通信体制を強化し危機管理体制の充実が図られています。   

災害に強いMCA無線

災害時には、携帯電話や固定電話は通信が集中(輻輳)するため接続が制限されることで、繋がりにくくなってしまいます。メールが届くのにも長い時間がかかることがあります。衛星携帯電話も操作が難しいものや、室内で衛星の電波が受信できず、わざわざ屋外に移動しなければなりません。

MCA無線は、
過去に発生した「阪神淡路大震災」「新潟県中越地震」「東日本大震災」などの大規模災害時においても、通信を確保した実績が評価され災害時にも期待に応える業務用移動通信システムとして、企業の危機管理連絡用、自治体の防災用として、また水道、清掃、医療、福祉等の分野でも活用されています。