本文へスキップします。

サイト内検索 検索
【全】ヘッダーリンク
【全・SP】お問い合わせ
H1

株式会社 にしけい 様

コンテンツ

mcAccess eロゴ

活用事例
平成15年10月導入

株式会社 にしけい 様
所在地 福岡県福岡市博多区店屋町5-10 http://www.nishikeinet.co.jp


安心と安全の輪をmcAccess eで広げる
九州の中心地福岡市にあって街の安全と安心の輸を確実に広げ、輪は更に九州各地へと広がっています。「地域とあなたの安全のために…」をモットーに躍進中の警備会社「株式会社にしけい」さんを訪ね、mcAccess eの利用度、大都市のセキュリティーなどについてお話しをお聞きしました。

株式会社にしけい 様

安心と安全はたゆみない努力で

九州の雄都、福岡市は更に活力を得てダイナミックに変貌をとげつつあります。東南アジアへの門戸も大きく開き、外国人の流入も多く、経済も商業もまだまだ発展の可能性を充分秘めて明日へ向かっています。そんな発展を続ける都市に必要なものはやはり、安心と安全です。「にしけい」さんでは、その変貌著しい社会に対して、様々な智恵と工夫でセキュリティーを構築されておられ、この度いち早くmcAccess e の運用を始められました。

指令センターの統合でコストダウン

いままでは車輌への指令は、福岡、北九州、久留米の各拠点毎に行われていましたが、平成15年に本社の新社屋完成を機に各地区の車輌への指令を本社から一括指令をする体制に変更されました。

久留米地区も平成15年10月より本社センターからの指令に切り替えられました。従来、車輌への指令は、久留米地区から業務用無線を利用して連絡されていましたが、福岡本社から久留米地区の無線機を専用回線を利用したコントロール装置で制御しなければなりません。しかしmcAccess eを導入することで専用回線を引く必要もなく、その分のコストが削減されるようになりました。各車輌への連絡はmcAccess eゃアナログmcAccess等色々な通信端末を利用したバックアップが考えられ万全の体制が取られています。

株式会社にしけい 様

より高度なセキュリティーを目指して「社内教育」を

警備員は日々、人対人の接点にいます。イベント会場、ピルの警備は、警備先の施設の内容に精通していないと案内などで人とのコミュニケーションがとれません。またそのイベントと内容についても、お客様からの質問に対して的確に敏速にお答えできるよう、教育に力を入れています。

歌舞伎やミュージカル芝居などの公演会場である「博多座」の警備員は、東京に歌舞伎を観賞に行くなど仕事内容に応じた教育を受けています。また定期的に法定教育も社内で実施し警備員としての資質を保つよう努められています。

株式会社にしけい 様

株式会社にしけい 様

無線連絡は途切れることなく

ゾーン接続で全体のエリアは広がっているが、やはり不感地帯を解消していただくことが、一番の要望です。制御局が増えて広域に使えるようになればありがたい。これからもmcAccess eを十分に活用させていただきたいです。

株式会社にしけい 様

株式会社にしけい 様

株式会社にしけい/業務内容

羽田空港、関西空港、大阪空港、福岡空港等の空港保安警備や手荷物検査、オフィスピル、現金輸送、イペントなどの・警備業務を始め高働者などの居宅介護支援サーピス、セキュリティーシステムの設計販売施工など多岐にわたっています.(社員数3,800人)

掲載内容は取材当時のものです(平成16年1月 取材)