活用事例

東北ウイング(株)(現 SBSフレック東北(株)) 扇町営業所様

業種 運送業 導入時期 2004年4月
利用サービス ワイドエリア利用 導入局数 47局
利用概要 生協商品の配送トラックをワイドエリア利用で広域運行管理
備考 2004年6月16日取材

東北の『mcAccess e』第一号です!

364日23時間


所長 遠藤文男さん。

今回お話いただいた皆さん。
左から運行課長の菊地昇さんと
運行管理者主任の金野泰則さん。

 東北ウイング扇町営業所さんは、みやぎ生協の配送を一括して引き受けている運送会社です。拠点となるセンターから各支部まで、そして共同購入の43店舗へ、北は迫の加賀野店から南は白石店まで、一年中(元旦のみ休み)0時から23時頃まで、毎日約23時間営業しています。
 つまり夜中のほぼ1時間を除き、県内のどこかを東北ウイングさんの46台ある6tまたは10tトラックが走り、あるいは集荷・配送しているわけで、その間は事務所でも灯りが消えることはありません。そこで絶対必要となってくるのが、確実な連絡手段です。
 東北ウイング扇町営業所さんとは開所以来、10年近くのおつきあいです。これまでアナログをお使いいただいていましたが、この4月からいち早く、話題のmcAccess e を導入していただきました。

よりスムーズな通信へ


取材中も県内各地に散らばった
ドライバーさんと頻繁に交信されていました。
よりクリアな音声がはっきりと!

現場のドライバーさんからも
好評のmcAccess e。

 「導入のきっかけはたまたまなんですよ」と遠藤所長。「ちょうど更新の時期で、新しいデジタルのを入れてみよう」ということになったそうです。
 事務所にいらした社員のみなさんに、いままでお使いいただいていたアナログと800MHz帯デジタルとの違いを訊いてみたところ、いろいろな反応が返ってきました。
 「声がきれいに聞こえる。本当にクリアです」。
 「これまでは複数のドライバーの声が重複してしまうと聞き取りづらくなることがあったが、デジタルだとそれが未然に防げるのがいい」。
 「一斉通話のとき、いままでは仙南、仙台、栗駒の3局のボタンをそれぞれに押して話さなければいけなかったが、いまは簡単になった」。
 「石巻方面は市内で電波の弱いところがあったけれど、もう市内でもOK。安心だね」。
 「前までは、山沿いや大きなビルの近くだと若干電波状況が悪いときもあったが、だいぶ改善された」。
―――等々。うれしい反響の数々です。

絶対の信頼を


運転記録を示すチャート。
徹底した安全管理と、
乗務員への思いやりの両方が読みとれます。

 そこへ遠藤所長から「いや、でも実はもともとアナログのときから、mcAccessは"最高のもの"と思ってましたよ」との感激の一言が!
 「我々がこの仕事をやっていて、一番安心できるのは、いつでもすぐに連絡できることなんです。いまどこにいるか、お客さんのところに何時頃に着くか、交通事情はどうか、事故はないか、ドライバーの体調はどうか、何も問題はないか、そうしたことが把握できることが一番です」ということです。
 とくに、東北ウイングさんでは、一般道は60km、高速道は80kmの制限を設けてチャートで管理したり、走行前の飲酒点検、携帯電話の使用禁止など、徹底した安全管理がなされています。だからこそ、「シンプル操作でドライバーが簡単に使えること、走行時も安全に使えることも大事な要素」なのです。今回は、最新システムご利用の取材にうかがい、改めて音声交信の基本の重要性を痛感させられました。もっと、便利に、もっと安全に―――
これからもmcAccess eをよろしくお願い致します。

ビジネスの最適な環境づくりと同時に安全性を考慮したシステムの構築を


東北ウイング代表取締役社長
吉田 久之さん
(雪印物流 東北支社長兼務)

 今般、当社の扇町営業所においてmcAccess e を導入し、数ヶ月経ちますが、「大変使い勝手がよい」という報告を受けています。当社では現在、体制の違いから、他の営業所では別の無線を使っていますが、今後、状況を見極め、将来的には物流全体の統一を図っていきたいと考えていますので、そうした意味からもmcAccess e に期待を寄せつつ注目しているところです。
 "無線交信"の役割を考えるとき、まずは確実に連絡がつくということが求められます。その中でジャストインタイムな交通情報が得られることも大きなメリット。それから、ドライバーは常に一人ですから、対話によって適度な緊張感を生むというのも、大事な要素だと考えていますね。また、考えたくはありませんが、万が一の大災害が発生したときには、連絡網や救援物資の運搬でお役に立てるのではないか、ということも考えています。
 無線もかなり進化し、今後は位置検索や情報伝送などの付加機能を有効に活用したいと思っていますが、一方、運送業で何よりも大事なのは"安全"ですから、社内での指導はもちろん、ハード面で東北移動無線センターさんには運転時に影響のない常に安全性を考慮したシステムの構築を求め続けていきたいです。

会社案内/東北ウイング株式会社

昭和41年、雪印乳業の運送会社としてスタートし、これまでに何度か社名を変更している。
取引先は、生協、コンビニエンスストア、各種小売店など。
扇町営業所のほか県内に4カ所と、青森、秋田に営業所がある。社員数101名、パート約600名。
本社所在地●宮城県仙台市若林区卸町東1-5-27
tel/fax●022ー237ー0815/022ー237ー0816