活用事例

医療法人社団 松和会様

医療法人社団 松和会様
血液透析医療のほか、総合病院、老人保健施設、指定居宅介護支援事業所、訪問介護/看護ステーションを1都2県にわたり10余の施設を展開している。


 いざ、大地震などが発生した場合、グループ内の医療情報はどのように集められ、どのように伝達されるのか。体制は確立されているのか。医療法人社団松和会では災害時の対応にこうした懸念をいだいていた。
 血液透析施設の情報は、誰がどのように集め、誰に提供していくのか。

 「医療の当事者である我々も、行政への情報提供者であるべきだと思ったのです。」
 松和会では独自の無線ネットワークとして平成17年8月にmcAccess e を導入。現在、ネットワークは神奈川の血液透析サテライト8拠点。災害が発生した場合、いち早く各地の透析サテライトから情報が集められ、被災した施設に対しては、近隣の受け入れ可能な施設がいち早く支援していく体制の確立を目指している。

 mcAccess e によって集められた施設の情報は、松和会内部の相互支援に留まらず、災害情報として関係自治体にも提供される。
 「どこのクリニックはダメで、どこのクリニックは透析を受けられる・・・といった私どもの情報をラジオなり広報車なりで正確に伝えてもらば、透析患者さんも安心です。」