本文へスキップします。

サイト内検索 検索
【全】ヘッダーリンク
【全・SP】お問い合わせ
H1

e ブリッジ

コンテンツ

eブリッジアダプタ(イーブリッジアダプタ)
mcAccess e と業務用無線(主要各社)がつながり、サービスエリアを拡大。
クルマから離れても通話することができます。

eブリッジ

mcAccess e ではカバーできないエリアを業務用無線で補完

eブリッジ

  1. mcAccess e のエリアをもう少し延ばしたい
  2. 車から離れても通話したい
  3. 業務用無線の現場でのコミュニケーション、機動力を確保しつつmcAccess e で遠隔地との通信も確保したい

mcAccess e と業務用無線をeブリッジアダプタを介して直接つなぐことで相互通信を可能とし、業務上の課題を解消します

分岐や延長運用に対応

eブリッジ

マスタ:1、スレーブ:4の分岐運用
mcAccess e と接続したeブリッジアダプタを『マスタ』とし、eブリッジアダプタと業務用無線のセットで『スレーブ』を最大4台まで分岐可能です

スレーブを最大300m延長運用
LANケーブルとスイッチングハブの組合せで、『マスタ』-『スレーブ』間を最大300mまで延長運用可能です

主要各社無線機に対応

eブリッジ

eブリッジアダプタはデジタル簡易無線(DCR)を中心に、主要な無線機メーカーの無線機と接続できます。

※接続可能な無線機は接続可能な機器をご参照下さい。DCRおよび各種無線機器関連、専用の接続ケーブルは、各無線メーカーにてご購入下さい。また、本製品と接続するには、各メーカー提供の設定用ソフトおよび治具による設定が必要です。

各種鳴音で通話タイミングを通知

eブリッジ

業務用無線操作時、mcAccess e に接続するとピピーッと知らせるなど、通話の成立を音で確認できます。

mcAccess e から呼ばれた場合、mcAccess e 同様に着信音(全グループ一斉、個別、セレコール)が鳴ります

その他の特徴

  • mcAccess e 用の各種マイクを接続し、使用できます※
  • 接続する業務用無線機やマスタ/スレーブの設定は、本装置裏面のディップスイッチにて設定します
  • 接続したmcAccess e の通話モードで発信動作が可能です

※スレーブで使用する場合は多機能マイクであってもスピーカーマイクとしての運用となります

システム構成(DCRとの接続例)

eブリッジ

※1 eブリッジアダプタをスレーブ設定することで機能します。LANケーブルの延長時、100m毎にスイッチングハブを設置することで最大300m延長できます
※2 スレーブ設定で使用する場合、多機能マイクを使用時もスピーカーマイクとしての運用となります
※3 各メーカーより提供される設定用ソフトおよび治具にて設定が必要です。また、各メーカーの専用接続ケーブルが別途必要です

接続可能な機器

eブリッジ

<こちらの製品に関するお問い合わせ先>
〒141-0022 東京都品川区東五反田1-20-7 神野商事第2ビル4F
エムシーアクセス・サポート株式会社
TEL:03-6455-7460
FAX:03-6455-7465
http://www.mcaccess.co.jp/