本文へスキップします。

サイト内検索 検索
【全】ヘッダーリンク
【全・SP】お問い合わせ
H1

電話接続システム

コンテンツ

mcAccess e 移動局と一般電話のダイレクト通話が可能!

デジタルMCA無線 mcAccess e の指令局を、コンパクトな「電話接続アダプタ」を介してオフィスの構内交換機(PBX)に接続するだけで、内線/外線電話に接続することができます。外出先のmcAccess e 端末(車載型・携帯型)からオフィスの電話やお客様の一般電話/携帯電話に、あるいは逆に、電話からmcAccess e 端末に、直接通話できる画期的なシステムです。
(電話接続システム 説明PDF 2.6MB)

電話接続システム 電話接続システムと無線機

オフィスの内線電話が指令局に

オフィスの電話機を指令局のように使うことも可能です。
指令局が離れた場所にある場合でも、いちいち指令局まで行かなくてもOK。
デスクの電話から、直接移動局へ連絡できるので、特に緊急時に便利です。

遠隔地のオフィス同士でも電話のように連絡可能

mcAccess e の全国広域通信網で、遠隔地の事業所の呼び出しも可能。
電話接続システムを導入した事業所間では、オフィスの電話同士で連絡可能。
緊急・災害時にも安定した通信が確保でき、BCP(事業継続計画)にも役立ちます。

サービスカーとコールセンターの連絡に

ルート配送業などの場合、コールセンターのスタッフが、自分のデスクから直接、サービスカー(移動局)に連絡できます。交換機によっては、受けた電話を移動局へ転送することも可能。内線感覚で使えます。

電話接続装置

  • 携帯型からは電話と同じように通話可能。車載型からはプレストークで接続し、単信通話が可能。
  • 社内の内線電話機から、個別通信、グループ通信、一斉通信が可能。
  • 移動局と社内の内線電話の通話は、電話回線を使用しないので、通話料がかかりません。(mcAccess e の月額利用料のみ。)
  • 接続する交換機のメーカーを問わない汎用性。現在お使いの機器に接続できます。(電話接続アダプタの他に、指令局に装着する接続基板が必要です。)

(注) 電話接続システムには別途複信サービスの契約が必要です。

参考:電話接続システムの操作方法例

電話 ⇒ mcAccess e  電話の受話器を上げ、mcAccess e 接続用に設定された番号(例えば「1#」)を押し、個別通信、グループ通信、一斉通信ごとに設定された操作を行う。
(例: 移動局(個別番号2)と個別通信する場合「1♯2♯♯」と押す。)
 mcAccess e ⇒ 電話 テンキーマイクのモードスイッチを押して「電話モード」に切り替え、電話番号に続けてマイクのプレストークスイッチを押す。 あるいは、ゼロ発信、外線番号に続けてプレストークスイッチを押す。

<こちらの製品に関するお問い合わせ先>
〒141-0022 東京都品川区東五反田1-20-7 神野商事第2ビル4F
エムシーアクセス・サポート株式会社
TEL:03-6455-7460
FAX:03-6455-7465
http://www.mcaccess.co.jp/