本文へスキップします。

サイト内検索 検索
【全】ヘッダーリンク
【全・SP】お問い合わせ
H1

近畿日本鉄道 株式会社 様

コンテンツ

mcAccess eロゴ

活用事例
平成23年4月導入

近畿日本鉄道 株式会社 様
【近畿地域 27局/東海地域 32局】

所在地 大阪市天王寺区上本町6-1-55 http://www.kintetsu.jp/

ユーザープロフィール

  • 大阪府・奈良県・京都府・三重県・愛知県で鉄道事業を運営。わが国私鉄の中で最長(508km)の路線をもち、鉄道以外にも近鉄グループとして百貨店や不動産、ホテルなど多角展開。
  • 平成22年には創業100年を迎えた。

MCA導入の決め手

  • 複数のMCA中継局エリアにわたり、広域な一斉通信及び個別通信が可能。
  • 災害時における過去のMCA中継局の運用実績をふまえ、携帯電話が使用できない場合の情報伝達手段として、MCA無線が有効な通信手段としての役割を果たすと評価。
  • MCA電話接続装置を用いてMCA無線と鉄道用社内電話との接続が可能であることから、現場との連絡などに有効。
  • MCA出先無線システムを用いてMCA無線局と作業用無線局との通信が可能であり、MCAエリア外では自営の作業用無線との連絡が可能。

事前評価

  • 社内評価試験(平成22年9月下旬)、社内訓練にて実地評価(平成22年10月下旬及び12月下旬)を実施。⇒ 個別通信、一斉通信ともに大変良好。また、混信等がないので非常に使いやすい。
  • 災害時における連絡体制強化に加えて、広いエリアでグループ毎の一斉通信が可能なMCA無線は、平常時の業務連絡においても利便性向上を図れるとの評価。

利用状況

無線機を使って連絡
  • 現場事務所単位で通信グループを構成し、平常時及び緊急時の連絡に活用。
  • 災害等の緊急時には、本社と現場事務所間でもMCA無線で連絡が可能であり、社内電話を経由して現場のMCA無線局との直接連絡も行う。
MCA無線活用イメージ

(財)移動無線センター(作成日 平成23年10月)