本文へスキップします。

サイト内検索 検索
【全】ヘッダーリンク
【全・SP】お問い合わせ
H1

企業での導入メリット

コンテンツ

災害に想定外はつきもの

岩手宮城内陸地震での地割れ1995年阪神淡路大震災の液晶工場、2004年新潟県中越地震の電機メーカー子会社、そして2007年新潟県中越沖地震の自動車エンジン部品工場の被災により自動車メーカー12社が生産休止となるなど、被災の影響は自社のみならずサプライチェーンで結ばれた他の企業に大変大きな損害を与え、企業や産業分野の存続そのものも左右しかねないほど重大な問題であることが、明らかとなりました。このため、取引先を含めたサプライチェーンとして、優先業務の継続や再開までの時間短縮を最重要課題とする「事業継続計画 BCP」を整備することが要求されるようになりました。
BCP(事業継続計画)の策定が進んできたといわれる東日本大震災の際も、重要な業務が停止した企業は26%(※1)との結果も出ています。災害への備えは、企業の存続そのものにも大きな影響を与えることになるのです。

※1 野村総合研究所(以下、NRI)は2011年6月に、岩手、宮城、福島、茨城の各県に本社を置く企業を除いた全国の大手企業3,000社を対象に「震災後のBCP(事業継続計画)に関するアンケート」より 有効回答423社(14%)

BCP事業計画の策定

◆ 優先復旧の重要業務を特定
◆ 緊急時に提供できるサービスのレベルの事前協議
◆ 目標とする復旧所要時間・復旧レベルを設定して復旧計画を策定
◆ 業務拠点や生産設備、仕入品調達等の代替策の用意など

いざという時に使える連絡手段を

せっかく事業継続計画を作成しても、状況に関する情報も集まらず、指示を伝える手段もなければ、手も足も出ません。

通信手段の緊急災害時のトラブル例
・電話や携帯電話 回線混雑のため使用できない可能性があります。
・メール 相手に届くまでに長い時間がかかることがあります。
・衛星携帯電話 衛星を見通せる屋外にわざわざ出る必要があります。

MCA無線導入のメリット

サービスエリアは日本全国

MCA無線(mcAccess e)のサービスエリアは日本全国。危機管理用に導入いただくお客様向けに、信頼性の高い効率的な全国ネットワークをご提供します。耐震性に優れた中継局114箇所により日本全国をカバーしています。

いざという時にも、つながりやすい

MCA無線は、業務用無線なので免許を取得した限られた利用者が使えるサービスです。災害時に輻輳により使用しづらい携帯電話などに比べ、繋がりやすい機能で災害時でも安心です。また無線機の操作も簡単なので、無線機の操作にあまり慣れていない人でも慌てずに使えます。




 

危機管理で導入が進むMCA無線

MCA無線は、過去の数々の災害時に活躍した実績から、市町村など自治体の防災用はもちろん、銀行、証券、損保などの金融機関、ビル管理やエレベータ管理会社、大規模商業施設、物流部門、コンビニエンスストア、食品配送、病院、教育機関など幅広く、危機管理やBCPに活用されています。

MCA無線と衛星携帯電話の違い

  MCA無線 衛星携帯電話
通信形態 グループ通信で全員が情報共有
1対1の個別通信も可能
1対1の個別通信のみ
複数の通信 必要に応じて同時に複数の通信が可能 1回線のみで同時に別の通信は不可
料金 頻繁に使っても一定額 従量制、かつ高額
操作性 マイクのボタンを押すだけの簡単操作 ○ワイドスター
アンテナを衛星に向ける必要あり
○イリジウム
車内・屋内は通信困難
エリア 全国の主要エリアをカバー 全国(ただし衛星の見通しが必要)